今求められているのは、できるプロジェクトマネージャー

能力次第で年収1,000万円以上も

能力次第で年収1,000万円以上も

LINEで送る

プロジェクトマネージャーと管理職

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの統括者であり、それだけの責任担うと共に指揮命令権を持つという意味では、会社内において管理職に位置する場合が少なくないようです。プロジェクトマネージャーは常にプロジェクト全体を見渡しながら、クライアントとの折衝に始まって、そのニーズを汲み取り、開発すべきシステムを最も適した形で実現するために、具体的なスケジュール管理や進捗管理、リスク管理などを行いながら、予算と人員と納期という厳しい条件下において仕事を完成させるものであり、個々の工程の作業に直接携わるわけではないものの、担当する専門家それぞれと連携することが必要になります。
従って各工程に関するある程度専門的な知識も必要ですし、プロジェクトに関わる人のそれぞれの立場に応じて、必要な情報や指示を分かりやすく説明したり、あるいはメンバー相互間の橋渡し役になるなど、高いコミュニケーション能力も求められることになるのです。

プロジェクトマネージャーの年収

このように社内であれば、管理職に比する地位に立つプロジェクトマネージャーという役割から、年収は平均600万円ぐらいと言われています。30代であれば500万円ぐらい、40代であれば700万円ぐらいが相場のようです。もちろんフリーランスとして活躍する場合には、年収が1,000万円を超えるなど、更に高くなる傾向にあるようです。
もっともプロジェクトマネージャーと一口に言っても、活躍する舞台となるプロジェクトは、大規模なものから小さなものまで数限りなくあります。そこで社内のキャリアパスとして考えると、プログラマからシステムエンジニアになり、まずは小さなプロジェクトから任されて、徐々にプロジェクトマネージャーとしての経験を積んで行くというが一般的なようです。

プロジェクトマネージャーの年齢

そのためある程度年齢も高めになる傾向があり、40代半ばから後半が平均と言われています。人の上に立つため、若くして抜擢されると、遣り甲斐も大きいものですが、その反面、必然的に年上やベテランを相手に命令や指示を下すことにもなり、様々な折衝や人間関係に苦労する羽目になることも少なくないようです。
また知識や経験不足からプロジェクト全体をうまく把握しきれなかったり、円滑なコミュニケーションを欠いたままの状態でいると、そのツケが着実に結果になって現れ、莫大な予算を使いながら失敗してしまいかねません。従ってそれだけの責任を担うにふさわしい人を選ぶことは、プロジェクトの成否を決定付ける重要な要素となるのであり、社内人事でプロジェクトマネージャーといえば、管理職として位置づけられることが多くなるというわけです。

当委員会についてプロジェクトマネージャーとしてより高みを目指す人のための自己育成情報サイトです。

Copyright(C) 2015 プロジェクトマネージャー育成委員会 All Rights Reserved.