今求められているのは、できるプロジェクトマネージャー

主な役割はファシリテーター

主な役割はファシリテーター

LINEで送る

プロジェクトマネージャーの役割

最近では様々な業界で、その重要性が説かれているプロジェクトマネジメントとは、一定の予算と人員と納期という条件の下で、プロジェクトを成功に導く上で必要な采配を振るうことですが、プロジェクト全体を見渡して、的確な判断を下し、不測の事態にも対応するなど、高度なマネジメント能力を求められます。特にIT分野において、高額のシステムの導入が遅れたり、また運用上システム障害が発生すると、社会に甚大な影響を及ぼす恐れがあり、その責任は重大です。もちろん大小さまざまなプロジェクトにおいて、プロジェクトマネージャーの役割は、基本的に同じであり、プロジェクト管理の基本はスケジュール管理やコスト管理、リスク管理などに集約されます。
しかしプロジェクトが大きくなればなるほど、人が増えるためにトラブルが生じやすくなるのであり、円滑なコミュニケーションを実現する必要性が高くなります。すなわちクライアントとの折衝においても、また開発チーム内における個々の専門家間の意思疎通においても、橋渡し役となるプロジェクトマネージャーの存在が、いわばファシリテーターとして決定的役割を果たすことにもなるのです。

対プロジェクトチームの関係

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトチームに対し、プロジェクトの大きな目的を共有するように努め、その中でメンバーに業務指示を出す場合や、進捗会議・検討会を進める上で、誰に何をどこまでやってもらうのか、というその業務範囲を明確にする必要があります。というのも個々の役割が曖昧であると、メンバーが戸惑ったり、やたら深く、あるいは広く関わってしまい、業務の重複が生じたり、無駄に時間だけがかかるなど、積もり積もれば思わぬ業務の遅れやコスト増などにつながるのです。

対クライアントの関係

コンサルタントとして社外に位置する場合に限らず、社内プロジェクトであれば、社内における最終的な意思を決定する社長や役員会、そしてエンドユーザーとの間に円満な関係を確立する必要があります。社長や役員会など、多忙なトップの決断を促すためには、プレゼン能力も必要です。システム化のニーズを汲み取り、具体的な形として明確に提示しなければなりませんし、その説明は簡潔で、素人にも分かりやすいものでなければなりません。また実際に運用に携わることになるエンドユーザーから、適切に情報を引き出す必要もあります。

対ベンダーの関係

プロジェクトマネージャーは、自分自身がプログラミングなど具体的な作業を行うわけではありません。その代りベンダーの能力を見極め、最適な提案を引き出して、その能力を最大限に活かす環境作りに努めます。

当委員会についてプロジェクトマネージャーとしてより高みを目指す人のための自己育成情報サイトです。

Copyright(C) 2015 プロジェクトマネージャー育成委員会 All Rights Reserved.