今求められているのは、できるプロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーの仕事を知ろう

プロジェクトマネージャーは開発プロジェクトにおけるお金・人・モノ・時間などを管理し、プロジェクトを成功に導くという責任を担っています。ある意味、ファシリテーターとしての役割を果たすことになるわけです。プロジェクトを成功させるには、完成のイメージをしっかりと持っておくことも大切です。自分を育成し続けて優秀なプロジェクトマネージャーに成長すれば、1,000万円を超える高額年収を稼ぎ出すことも可能になります。

主な役割はファシリテーター

主な役割はファシリテーター 主な役割はファシリテーター

プロジェクトマネージャーは、いわばファシリテーターとして、プロジェクトに関わる人それぞれの役割に応じた能力を最大限に引き出し、個々のメンバー間の橋渡し役になる必要があります。大きなプロジェクトになればなるほど、連絡ミスや誤解などから、人為的なミスが増えるリスクが高まります。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの中心にあって、対プロジェクトメンバー、対クライアント、対ベンダーという大きく3つの関係を、それぞれ良好に築く必要があります。More

完成イメージを持つことが必須

完成イメージを持つことが必須 完成イメージを持つことが必須

プロジェクトマネージャーには、プロジェクトを成功へと導くために、プロジェクトの全容を明確にイメージする能力が必要です。様々な状況下を想定して、そのイメージを動かしながら、破綻のないよう全体としてまとめ上げ、また個々のメンバーとそれを共有しておかなければなりません。そして複雑なものを単純化する能力も必要です。あるいは重要かどうか、緊急かどうか、という2つの軸に従って、すべての作業を4つのランクに分類し、重みづけをする能力も大切です。More

能力次第で年収1,000万円以上も

能力次第で年収1,000万円以上も 能力次第で年収1,000万円以上も

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの中心となって全責任を負うのであり、メンバーから信頼されなければなりません。そこで通常はある程度のキャリアを積んだ上で、社内人事において管理職を兼ねる場合が少なくないようです。年収は平均して600万円程ですが、フリーランスになると更に高くなる傾向にあり、中には年収1,000万円を超える場合もあるようです。また年齢の平均は、40代半ばから後半ぐらいとなっています。More

当委員会についてプロジェクトマネージャーとしてより高みを目指す人のための自己育成情報サイトです。

Copyright(C) 2015 プロジェクトマネージャー育成委員会 All Rights Reserved.